って誰か作らないかねー。AVIファイルのデータセクションに延々、TGAなりPNGの画像ファイル名の絶対パスがずらずらとフレーム毎に書いてあるの。で、そのファイルのデータをそのままビットマップデータにしてアプリに返す。αチャンネル付きで。同じファイルが何度も何度も登場できるのと時間情報があるのが連番画像と違うポイント。
Media Studio ProやAfter Effectsでアニメを扱う時きっと便利だと思う。
作成はVFWAPI経由では難しい(ファイル名を渡せない)から、本当に生でファイルを作っていくしかないかもしれない。
XviDのソースはVFWAPI部分と本体たる圧縮処理部分のソースが綺麗に分かれてて読みやすいのでアレを改造すればきっと出来ると思う。
私はさすがにそこまで低レベルな層まで扱っていると何時までたっても映像作品が完成しないので手を出せないが。つか、CODECをインストール/アンインストールを延々する事になるからテストが大変そうだし。