今回進行表を印刷して判った驚愕の事実。カット数は130カットもある!止めとかもあるから1カットは15〜20枚程度になるとして、大体2000枚前後?1日7枚のペースでは仕上げだけで286日間掛かる。うひー。そんなに時間を掛けるような大作ではないんだけど。
だがしかし「これまで俺は似たようなピンチを何度も切り抜けてきた。だから今回もきっと何とかなるさ」と、原作版の脳味噌筋肉的キャプテン・フューチャーも良く言ってるし。キャプテンは絶対、NHKのアニメ版の「私」の方が頭良さそうで格好良いね。
で、過去どうやって切り抜けてきたか、というと…どうやったんだろ?上映会のタイムリミットが迫ると何となくペースが上がって何とかなったんだよなー。いや、それでは答えに成ってない。その「何とか」とは?が問題。結局、時間に迫られてカットのカット、をした、というのがその正体かもしれない。同じカットをズームして使ってみたり。CGの場合はピクセルだからこの手を使うには事前にちゃんと準備しないと駄目だけど。
後、昨日も書いたが「影範囲の一括指定」はもう少し掘り下げる余地があるような。色+影があれば機械的に処理出来るデータは全て揃ってる訳だし。むぅ。新必殺技誕生の予感。尤も成功しても二倍弱にしかならないけど。1日13枚程度か。