地球0年 (ハヤカワ文庫 SF 96)宇宙零年―宇宙都市1 (ハヤカワ文庫 SF 305 宇宙都市 1)、そしてアフリカゼロ年。
南アフリカじゃエイズが流行っててエラい事になってるそうな。死者が年間40万人ペースで人口構成にも影響とか。

↑平均寿命も物凄い勢いで急降下。でもさぁエイズって別段感染力が高い伝染病でも無い…どころか他人に移そうとしたらセックスか輸血位しか有効な手段が無い程に大変移りにくい病気なのに、何故に国が傾く程蔓延しまくるのか?番組では「貧乏で薬が買えません」な話ばかりで、その辺が余り描かれていない謎。「勤め先が倒産して売春で生計を」って人が登場してたけどそれだけで毎年40万人も死ぬ程流行るものなのか?

「騙されるな! 貴方の赤ん坊や私の赤ん坊を強姦してもエイズは治らない。彼女達にHIVを感染させるだけだ」…黒人は自分の病気を治すためならば赤ん坊を犯す模様…とりあえずそういう人物が一人や二人ではなく国家の平均寿命に影響を与える規模で含む国民。いや、複数国家で同一事象だからやっぱ人種?
そういえば日本も増えてるんだっけ。

 ↑
…「同性間の性的接触」な「日本国籍男性」が仏契約のダントツ。ホモ恐るべし。所で感染経路の「不明」ってなんだろね。まさか未知の経路で空気感染とか接触感染しないだろうな?
でも今じゃ年間2万5千円で薬が買えるそうな。割と楽勝。円が強くて良かった。