数学は科学の女王にして奴隷 1 《数理を愉しむ》シリーズ (ハヤカワ文庫 NF)

数学は科学の女王にして奴隷 1 《数理を愉しむ》シリーズ (ハヤカワ文庫 NF)

数学叢書の方(縦長のやつ)を昔読んだのに、文庫本を発見したらうっかり買ってしまった…。数学をつくった人びと〈1〉 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)シリーズと同じこの著者は説明がやたら上手くて面白いので、読むと判った気にはなるんだけど、1月もすると何もかも忘れているという…。
原題は"MATHEMATICS Queen and Servant of Sience"。
"The Queen of Scienses"と"The Handmaiden of the Sciences"を合体させたそうな。合体時にHandmaidenがServantに格下げされている。
女中から奴隷に身を落とすとは一体何があったのか?おそらくドジっ娘メイドで掃除中にご主人様の大切な壷を割ってしまい莫大な借金を背負ったのではなかろうか?で、債務奴隷に。数学たんの故郷たるインドには未だに結構多いらしい。
ハンドメイド*1で思い出したが↓はもう、お蔵入りなのか?

お蔵入りだろうなぁ…。

*1:何でハンドメイデンじゃないんだろう?