1章はEJB2.0の問題点→EJB3.0の利点
・デプロイメントディスクリプタ書くのが超面倒→ソース中のアノテーション
EJBコンテナへの依存→DIでPOJOっぽく
2章はEARの構造
・EAR,EJB-JAR,WARのディレクトリ構造とデプロイメントディスクリプタが纏まってる。
 JavaEE 5からはアノテーションのお陰で記述量が減ったり省略可だったりするそうな。
・クラスローディング
・JNDI
 よく、JNDIにアクセスするのにjava:comp/env/hogehogeといきなりhogehogeと両方有って謎だったんだがjava:comp/envは「JNDI ENC」っていうコンテナ固有のネーミングサービスとは別体系の模様。