番長物語 (1966年)

番長物語 (1966年)

番長つか不良生徒に手を焼いた担任教師の回想録。番長とは言え教師から見ると只の問題児。
先生方にとって修学旅行はかなり苦労の種というか気を引き締めて取り掛かる大イベントの模様。中学生だった頃はそんな事は全然考えてなかったけど。