というのを入れてみた。
インストール済みのJDK1.6.0_10から起動できる。
PHP対応やC++対応等全部入り豪華版なので起動が遅い。
インストール直後から日本語。
本体をDドライブにインストールしても、C:\Program Files に GlassFish という、果たして何処で使われてるのかベンチマーク記事以外では余り見かけない謎のAPサーバをインストールされる。しかもv2とv3プレビューの2つ。
プロジェクト名がパッケージ名になるのでデフォルトパッケージは作れない(?)
プロジェクト作るとJUnit(何故か3.8.2と4.5の二つが一緒に…)が自動的に含まれ、「テストパッケージ」なんてフォルダまで用意される。
SwingのGUIエディタは大変良い。EclipseプラグインでVisual何とかってのがあったけどあのゴミのような代物とは違う。何かフレームワークを使ってるらしくてイベントリスナがソース中に見当たらない。これで作ると画面の位置、大きさ、ペインの位置等が勝手に保存されてるがどこに保存されているのか謎。多分フレームワークがやってるんだと思うがレジストリ
YahooとかAmazonとかメジャー所のWebサービスが列挙されてるペインがあるけど使い方は不明。RESTだからWSDL生成は無いと思われる。雛形のJavaソースとか作られるのかもしれない。
プロファイラ、ヒープダンプ等のビュワーが最初から付いてる。