「今度のバットマンダークナイトが名作だ」ってんで歌舞伎町まで見に行ったらやってなかった。
仕方ないからまぁ大体似たようなものだろう、と、アイアンマン。
パワードスーツを着た兵器会社のヒゲ社長が、同じくパワードスーツを着たヒゲ専務と空を飛びつつ殴りあう話だ。現代兵器で武装してるから多分バットマンより強い。
ちなみに主人公の最初の活躍が、米軍に仇なす中東の市民レジスタンス活動家一同(生身)を両腕の火炎放射器で丸焼きの皆殺し。そして密輸出された米国産兵器を使う世界各地(主に中東方面)の市民レジスタンス活動家撲滅が彼の人生の大目的となる。
日本の餓鬼共が仮面ライダーだのゴーオンジャーだの顔見知り同士の内輪もめに終始するショボい連中の馴れ合いじゃれあいを見てる隙に、メリケンの餓鬼はこういうヒーロー映画を見て育つわけで、なるほど先の大戦でも負けるのも無理の無い話である。
特撮もすごくてもう、ヒゲ社長はアイアンスーツを作ってる最中、ためしに脚だけ着てヘロヘロと駐車場の中を飛んだり、手だけ着てかめはめ波を出したりするんだけど、それが何の違和感も無く、実際に人間が浮いているようにしか見えない。
ちなみに秘書のお姉さんが可愛い。スパイダーマンのMJとはエラい違いである。