何か黒いピチピチスーツ着て戦うグロキモい漫画の存在は知ってたけど内容は知らなかったやつの実写映画版。
いやーGANTZって本当にガンツ先生からのガンツだったのか…。CMで「クロノくーん!」って女の子が叫んでたけど、あれは別に割とどうでも良いシーンでの叫びだったのな。ヴァン・ヘルシングのCMの「バーン!ヘール!シーン!」の叫びと並ぶ絶叫詐欺CM。
ガキョガキョ動く金属製田中星児のパンチが怖かった。CGも違和感ないしすげー。
しかし、みんな銃を構えるばかりで中々発砲しないし発砲しても弾出ないし、そして、一番盛り上がりそうな強敵、千手観音や巨大な大仏との戦いが何だか変な回想形式になっちゃっててイマイチだった。同じ「黒い服を着た人達が色々な宇宙人と戦う映画」Men In Blackとこの盛り上がりの格差は何だ。やっぱ破壊光線的な派手なものが飛び出す方がいいな>謎銃。
あと御婆さんと孫は何時の間に死んだのか。