SugarSyncは、SugarSyncサーバーを経由して複数PC間のファイルを自動同期する。
たまに複数PC間で同時に同じファイルを更新すると、そのコンフリクトはファイル名を
 元ファイル名 (from ホスト名).拡張子
というファイルにリネームすることで解決する。
VPSの自動更新ではどういう訳か、昼間更新処理を行っているのはVPSマシンしか居ないのにも関わらず
 元ファイル名 (from VPSのホスト名).拡張子
というファイルに改名される。
最近、自動更新でやけに更新がすっぽ抜ける事があるのはこいつが原因に違いない。たとえば「ガンダム」って単語があればまず間違いなくガンダムジャンルにヒットするはずなのにgundam.dataに追加されていない。おそらくその時gundam.dataがgundam(from VPSホスト名).dataに変わっているから。
原因は不明。1台だけでコンフリクトも何も無い筈だから残るはサーバ。SugarSyncサーバ側で同期処理が終わらないうちに次の更新が変わってしまうのかも。しかし最短のタイミングでも間隔は1時間は空いているはず。そこまで遅れるものだろうか?ネットワークかな?これまでのタワーやノートでは起きなかった現象。VPSのスペック不足か。1年契約したのはちょっと早まったかな。
困ったものである。こんなことでは明日からの長期連続自動運転を任せられぬ。
まぁ任せるしかないんだけど。