というスケートアニメが朝やってる。決め技のジャンプには「オーロラライジング」とか「スターダストシャワー」とか聖闘士の必殺技っぽい名前がついている。でこれらの技を繰り出す時は最低でも空中を10m位は飛び上がり、技が「フライハイ!チアガール」ともなると雲を突き抜け上空3000mに達する感じなのだ。
いくら何でもそんなに飛び上がる訳が無く(リンクには屋根付いてるし)、あれはアニメならではの誇張表現「それくらい高く見える迫力ある技」って事を表現するイメージの演出だと思っていた。
が…今回、りずむが「スーパースターダストシャワー」でジャンプしたところ、上空から俯瞰で見渡した競技会場に、彼女が幼い頃に失踪した生き別れの母を発見し、動揺して着地をしくじっていた。ということは、やっぱりあれは本当に空中を飛び回っていたのか…。