超巨大隕石が地球に向かってまっしぐら、地球が地球が大ピンチ!という話。
かなり大昔の映画なんだけど面白かった。
結局米ソが軍事衛星上に秘蔵してた核ミサイルを全弾使って爆破するんだが、米ソ共同作戦という時点でもう、地球防衛軍感というか全人類一体感がある。
んで超巨大隕石「カサンドラ」が来る前に、露払いのそこそこの大きさの隕石群が地球に衝突して結構被害を出すんだが、この被害の描き方が米ソの科学者と軍人が活躍する本編とは独立した数分のドラマになってて面白い。スイスのスキー場でスキーを楽しむ若い女性が直後に雪崩に街ごと飲み込まれ、香港の若夫婦と赤ちゃんも津波に街ごと飲まれる。どちらも主人公一同全員死亡のバッドエンド。何か適当にきゃーきゃー言う群集がバタバタ死ぬより可哀想感ある。特撮も今見てもそんなに荒は無いというか迫力あるし。
最後は3波の米ソ核ミサイル群が正面から迎え撃ちカサンドラは木っ端微塵。分りやすい。日本にも「さよならジュピター デラックス版 [DVD]」という似た感じの駄作があるが、地球に迫るブラックホール角運動量を持っている事が判り折りしも進行中だった木星太陽化計画のプロセスを変更し木星を一気に爆発させその質量の半分ないし1/3を相当な速度でブラックホール表面を叩かせる事により衝突コースから逸らす…って分りにくいわー!

回避不能!隕石大襲来セット 「メテオ<完全版>」+「黙示録2009隕石群襲来」 (初回限定生産) [DVD]回避不能!隕石大襲来セット 「メテオ<完全版>」+「黙示録2009隕石群襲来」 (初回限定生産) [DVD]

NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) 2009-10-09
売り上げランキング : 164064

Amazonで詳しく見る
by G-Tools