ひかりTVで無料視聴が今日までだったので見たり。これ地上波放送の時と、レンタルビデオと、今回とで3回くらい見てるな…。
 当時多かったエロゲー原作だけどお色気シーンは皆無というかほぼ無い、とにかく美少女さえ出しとけばOKだろ的粗製濫造アニメであり、OPでもヒロインの顔がぐにゃぐにゃするし、ゆっくり動く時は途中で奇妙なポーズになるしで、決して出来が良い訳でも無いし話も然程面白い訳でも無いのに何故か、機会がある度に何度も何度も見てしまう。これはやはり榊原ゆいの、独り言の時でも媚びてる一本調子の媚び媚び演技の中毒性なのか。特に次回予告のたどたどしい視聴者弄りが寒いような痛いような溜まらんような紙一重の世界。村田あゆみのOPもまた媚び媚びで毒々しくも甘くて旨い合成着色料てんこ盛りのメロンジュースのような味わいが。
 ちょっと変わってるのが魔女っ子の魔法のステッキ。太くて長い↓

はぴねす!でらっくす キャラクターエンディングコレクションVol.Iはぴねす!でらっくす キャラクターエンディングコレクションVol.I
神坂春姫(榊原ゆい)

メディアファクトリー 2006-12-20
売り上げランキング : 312157

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 ↑長さ2m程の木刀のようなそれは出たり消えたり伸びたり縮んだりしない設定なので常に背負って歩いている(物語の舞台が高校に「魔法科」というのがある世界なので魔力は隠さなくてOK)。登下校時も背負って歩く。海水浴の時もお花見の時も背負って行く。

これがエロゲーの立ち絵ならまだしも、アニメだとこういう構図の時に

やはり邪魔らしくて、しばしば背負ってる筈の時でも消えてたり、会食の時は傍に立てかけたり苦労の跡が伺える。
 いや本当に余り面白い作品では無いから人には決して勧めないが…。まぁ良い点を強いて挙げるならパンチラかなぁ…。ToLoveるみたいに「さぁ!パンツですよ!ご注目〜!」みたいな「パンチラシーン」は皆無なんだけど、強風が吹いたり*1ローアングルだったり敵に吹っ飛ばされたり見えるべき時は普通に見えてる、みたいな。鉄板スカートや「はいてない」に逃げない姿勢は評価したい。

*1:魔法を使うとよく突風が吹く。おそらく魔力の副産物として付近の気温が上昇、空気が軽くなり上昇気流が発生する事で突風が吹く、忍法・神風の術と同じ原理だろう