FTPコネクションをコネクションプールで例えば3本確保するとして。
Executors.newCachedThreadPool()で無制限に生成してFTPのコネクションをプールからborrowObject()する所でブロックして絞るか、それともExecutors.newFixedThreadPoolでスレッド数をFTPコネクションプール数に合わせるべきか。
やっぱやたらスレッドが生成されない分だけ後者かのう。ただFTP処理がすぐ終われば受け渡しは前者の方が速い上にスレッド数の設定を考えなくて済むんだよな。
あと、同じコネクションプールでもJDBCと違ってFTPは分単位でプールに戻ってこない事が多々あるのが何かチューニング上の一つのポイントな気がする。