結局パスワードをリセットしてやっとログインできるようになった。
http://sourceforge.jp/users/nekora/
 長いこと使ってない間に色々機能が増えていた。リポジトリ一つとっても、CVSの他にSubversion,Git,Mercurialと有名どころは全部カバー。
プロジェクト申請が簡単になり

一定の条件(アカウント作成から一定の期間が経っている、すでに作成して利用しているプロジェクトがあるなど)をクリアしているアカウントからのプロジェクト作成申請は審査なしにすぐにプロジェクトが作成されるようになりました

http://sourceforge.jp/projects/sourceforge/news/23513

とお手軽に。以前は申請書面倒だったからなー。GitHubとかライバルが台頭してきたので簡単にしたのかしら。
 あと「作業部屋」という、プライベートリポジトリが持てるようになってた。ただしこちらはリポジトリはGitのみ。何でプライベート利用前提の作業部屋で分散リポジトリなのかは腑に落ちないが使い方。まぁこちらが使えるならそもそもプロジェクトは必要無いな。
 以前はCVSというかSSHの設定が上手く行かず結局ZIPファイル置き場とバグトラッカにしか使ってなかったが、最近はEclipseとか対応していてCVSだろうがGitだろうがSubversionだろうが簡単と聞くので何とかなるだろう。Mercurialは知らぬ判らぬ。つか作業部屋がGitだけだから自動的にGitを選ぶ事になる。選択の余地は無い。先日は「Subversionの方がよさげ」とか言ったがアレは誤り。これからはGitだね。
 まぁここまで書いておいて何だが、実は当面はSugarSuncで充分だけど。とりあえずIDにアイコンが使えるようになってたので、を設定しておいた。いい加減そろそろ古びて来たんだけど、アイコンってそうそう変えるのはなー。