最終巻。
 我らが主人公、紅月光生徒会長は数多の多次元宇宙を含む世界全体の終末を果たして食い止められるのか!?タイムリミットはあと24時間!という気宇壮大な話なんだけど、結局こじんまりとした人間関係に集約されて、まぁ、ハッピーエンドだからいいか。このシリーズに限ってはハッピーエンドであって欲しかったし。ちなみにカバーに描かれてる赤い髪の少女はサイトヒメアという人で、今回特に何も活躍しません。そういえば序盤はヒロインっぽかった遥ちゃんはそれでいいのか…。
 何年か前にやってた微妙な深夜アニメ、イツカァテンマノォクロウサギィの原作としてこの印象的な題名だけは覚えており、昨年、ヤバい病が発覚して深刻で「何か、こう、気晴らしになる、軽い本を、読まねば…」という時に何故かふと思い出して読み始めたところ、大昔はまっていた幻魔大戦っぽい舞台に引き込まれ大変良い気晴らしになった。命を救われたと言っても…過言だけど、とにかく多少なりとも何か救われたね。
 アニメが微妙だったのは作内限定のオレオレルビを振って読むオレオレ用語で構成されるオレオレ設定(しかも具体的にははっきりしない)を30分完結の12話では無理があったのと、大兎にフォーカスしたが為に、主要登場人物中で戦闘力最弱の癖に酷く傍若無人で頼もしく実は人が良い月光様の良さがイマイチ出し切れなかったからだな。まぁ1巻2巻の頃は大兎が主人公だったから当然だが…。本編の長編シリーズではなくて外伝の生徒会室シリーズの方がアニメ向きだったのではなかろうか。んで芋虫とか吸皮塗とか毎週一匹のペースで宮坂高校に現れる妖怪退治するの。ぬーべーのごとく。というか全体を通してみるとアニメ化されてる部分の頃はまだエンジン掛かってないんだよね。

いつか天魔の黒ウサギ13  最後の生徒会 (富士見ファンタジア文庫)いつか天魔の黒ウサギ13 最後の生徒会 (富士見ファンタジア文庫)
鏡貴也 榎宮祐

KADOKAWA/富士見書房 2013-12-20
売り上げランキング : 2285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools