お墓参った後に、旨い旨いと亡父が母とよく行ったという青根山中の蕎麦屋に車で行く。混んでて店の外に人が並んでた。普段、飯屋ごときに並ぶことはまず無い私だが今回は致し方ない。
平べったい硬めの麺。
まぁ美味しいと言っても所詮はお蕎麦である。お菓子や肉料理の敵ではないというか、腕相撲チャンプは、銃器を持った軍人に勝てないというか。