(書かれた当時の)講談社ノベルスのミステリ系ラノベ評論。
まぁ…ジャンル小説の評論はな…しょうもないけど、巻末の笠井潔の怨嗟の声だけは面白かった。
ジャンル小説のファンからも「ジャンル小説に批評は要らんだろ」と言われ、作家からも「無用だろ…」と言われ、文芸誌からも…まぁジャンル小説では…。
んでうるせぇファンには「草の根教養主義」「亜インテリ」「活字文化に席を確保できなかった者のルサンチマン」で、巧くやってるっぽい千街晶之には知的弛緩とw

探偵小説のクリティカル・ターン探偵小説のクリティカル・ターン
限界小説研究会

南雲堂 2008-01
売り上げランキング : 1032693

Amazonで詳しく見る
by G-Tools