「私は差別と日本人が大嫌いだ!」を真顔で言う人々は居る。
 人種差別ったって、本場アメリカの、警官が積極的に撃ち殺しに来るとか、受験生の人種を理由に堂々と入学拒否とか、本格的なモノの前ではまだまだ迫力不足。
 「一部不心得者が居る」と「公的機関が敵視してくる」の差だ。
 ここ数十年、日本の警官は黒人を射殺しておらず、まして試験の点数でパスした受験生に向かい堂々とその出自を理由として入学不許可にするのは文教大学と和光大学位のものでありしかも一回こっきりでハーバードのように毎年の制度ではない