サンプルを見る限り割と簡単に行えるようだ。STOMPというプロトコルを使うらしい。
https://simplesassim.wordpress.com/2014/03/14/how-to-send-a-message-to-an-apache-activemq-queue-with-python/

import stomp
conn = stomp.Connection10()
conn.start()
conn.connect()
conn.send('SampleQueue', 'Simples Assim')
conn.disconnect()

送信先サーバのIPアドレスとポートはどうやって指定するのかは不明だが、きっとstomp.Connection(IP,ポート)みたいなメソッドがあるのか、あるいはjndi.properties的な何らかの設定ファイルがあってjava.naming.provider.urlみたいな定義を書く事になるのか。
いやJavaがメモリ喰いでな…。VPSはメモリが1GBしかなくて最近しばしばOOMで止まるから、一部の軽い処理はPythonに日和ろうかと。TV番組実況Botとか。
メモリ増設するとWindows 2012 VPS 2GBは月額2580円コースになってしまうからな…。だったらActiveMQ関連だけ別途Linux VPS 1GB 780円を追加した方が安いが、インターネット通信と管理対象サーバは少ない方が良いし。WindowsLinux混ぜると文字コードとか面倒だしな。最近はUTF-8一択だからそうでもないのかしら。
あと,https://pypi.python.org/pypi/pyactivemq/0.1.0 というのもあるようだが不要だな。
んーむ、しかし何かこう書いてみると面倒になってきたな…現行のJava版もこれはこれで長年の改良で結構細かい処理やってるからな…再実装は面倒だ…。やっぱハード増設で済むならでそれ解決するのが王道か…。月額数百円だし。他にもやりたい事あるし…。ActiveMQのサーバだけ別VMはありかも知れぬ。jndi.properties書き換えるだけだし(多分)。
あとよく考えるとメモリ削減すべきはこことは違うな。