所要で昨日熱海に来て、頑張れば帰宅は出来たが自腹で一泊して帰宅。まぁたまには。
本当は明日日曜まで二泊したかった所だが家がな。
熱海駅周辺は初めてだが、結構起伏があるのね。仲見世が坂になっていて中々風情がある。キングコング対ゴジラで有名な熱海城も見えた。
旅館は楽天トラベルで一番上に出たグランビュー熱海って所にしたが、どうもここはホテルではなくて、マンションを一室毎に貸し出す貸別荘のような感じの施設。個別の部屋毎に玄関があって玄関横には台所が。んーむ、私はホテルみたいな巨大な建物が好きなんだが…。あの長い長い廊下と絨毯、横には宴会場、みたいな。さてはここはブームの去ったリゾートマンションを買い取ってやってるところでは…。
展望風呂も温泉という訳でもなく、晩飯も出ないのに、特に安くもなかったが、まぁ東横インみたいなビジネスホテルと違って部屋の明かりが煌々と明るいのでよし。凄く広いし。ただ椅子が無いのは結構辛かった。私は椅子派。
テレビは地上波NHKとETVとTVKとTOKYOMXしか入らないが、必要にして充分なラインナップだった。因みに他局は衛星放送で受信可。
本日はまずは朝から、海辺にあるお宮の松。昔の有名な大衆小説中で大学生がビッチの元カノを蹴飛ばした場所とのこと。唯の細い松の木だった。
そのまま海岸を進み、熱海ロープウェイなる超短い、スキー場のロープウェイよりもさらに短いロープウェイで熱海城へ行った。ロープウェイの頂上には熱海秘宝館という18禁の大人の遊園地という所があったがどうせバカバカしい見世物だろうとスルー。今時マリリン・モンローとか舐めてる。
熱海城はキングコングとゴジラの最終決戦の場所として有名な一種の所謂「聖地」。たしかガッパにも襲われたとか。大学生が元カノを蹴飛ばしたとは格が違う超スペクタクルの舞台の筈だがその辺は全然強調されてないのが奥床しい。ちなみに昔、ここに城を構えた戦国武将とかが居た訳ではなく何か、昭和になってから立てたかったから立てたらしい。鎧兜がかなり収集されて展示されてた、地下は無料のゲーセンだ。パックマンをやってきた。最近のパックマンは対戦型なのね。
そこから巡回バスで熱海駅に戻り、今度はMOA美術館だ。MOA美術館最大の見どころはエントランスのエスカレーターだ。私は山の起伏に沿って建てられたでかくて複雑な建物が割と好きなんだが、このエスカレーターは山を登る。しかも7つある。あまつさえお香が炊かれてて良い香り。なお展示されているものは織田信長の茶碗とか手紙とか、美術館というより博物館で地味だった。あ、あとガラスが特殊な低反射高透過ガラスということで確かに透明だった。
結局午前中で済ませ、帰りは指定席のスーパービュー踊り子というので帰った。眺めは良かったが結構高かった。

キングコング対ゴジラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]
東宝 (2014-07-16)
売り上げランキング: 24,434