認定資格本。
Oracle Public Cloudが日本にもDC作るというが、何か世界的にはイマイチ苦戦中っぽいのでAWSにも唾を付けておくかと本を読む(読むだけ)。
普通は読み終えてから書くものだが、習慣として資格本だけは買ったら書く事にしている。
AWSは全く使った事が無いがまぁアソシエイトなら何とかなるのではなかろうか。
AWSも何か無料枠があるらしいが、最初は無料で使わせて知らず知らずのうちに課金コースに移行するのはAmazonプライムで見たやり口、私も一度、いつの間にか知らないうちにプライム会員にさせられていたので懲りている。恐らく達人が注意深く扱えば無料で試用もできるのだろうけれど、AmazonはOracleどころではない悪徳企業であり、個人で使うのは慎重にならざるを得ない。Oracleは強欲でアコギなだけだが、Amazonは悪意を持って騙しに来る奴なのだ。
まだざっと見た感じだが、VPCとかあるし、OPCのgen2に似てる感じ。逆か。Oracleがgen2で似せたのか。
まぁ本書を読み切った暁には、Amazonの悪の罠を避けて個人利用できるようになるのではなかろうか。

合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト
大塚康徳(日立インフォメーションアカデミー)
リックテレコム (2016-08-17)
売り上げランキング: 8,986