今度はJava 8ではなくてJava 11を入れてみた。
Eclipse Oxygenが起動しなくなった。ぐぬぬ。
もう面倒だから最新版のPleiadesなら間違いなかろうから入れ替えてみたら、(当然ながら)起動はする。
だがしかし。
何時の頃からかEclipseのJavaソースコードエディタはマシンのOSがWindowsだろうがLinuxだろうが文字コードをUTF-8で扱うようになってしまい、プロジェクトをインポート後にそれぞれ個別に文字コード設定をSJISに変えねばならず、これがまたプロジェクトが結構あるので面倒くさい。
かといって、ソースコードを全部UTF-8にするのは輪を掛けて手間がかかる。
どうしたものか。