2005年07月

最近は見方が判って楽しめるように。クロマティ高校の女版(共学だけど)みたいなものか。画面も綺麗だし。

このエントリーをはてなブックマークに追加



主人公が体を操られ、ピカード艦長に無理矢理チューをさせられる辺りが一番のハイライト。

このエントリーをはてなブックマークに追加

地球0年 (ハヤカワ文庫 SF 96)宇宙零年―宇宙都市1 (ハヤカワ文庫 SF 305 宇宙都市 1)、そしてアフリカゼロ年。
南アフリカじゃエイズが流行っててエラい事になってるそうな。死者が年間40万人ペースで人口構成にも影響とか。

↑平均寿命も物凄い勢いで急降下。でもさぁエイズって別段感染力が高い伝染病でも無い…どころか他人に移そうとしたらセックスか輸血位しか有効な手段が無い程に大変移りにくい病気なのに、何故に国が傾く程蔓延しまくるのか?番組では「貧乏で薬が買えません」な話ばかりで、その辺が余り描かれていない謎。「勤め先が倒産して売春で生計を」って人が登場してたけどそれだけで毎年40万人も死ぬ程流行るものなのか?

「騙されるな! 貴方の赤ん坊や私の赤ん坊を強姦してもエイズは治らない。彼女達にHIVを感染させるだけだ」…黒人は自分の病気を治すためならば赤ん坊を犯す模様…とりあえずそういう人物が一人や二人ではなく国家の平均寿命に影響を与える規模で含む国民。いや、複数国家で同一事象だからやっぱ人種?
そういえば日本も増えてるんだっけ。

 ↑
…「同性間の性的接触」な「日本国籍男性」が仏契約のダントツ。ホモ恐るべし。所で感染経路の「不明」ってなんだろね。まさか未知の経路で空気感染とか接触感染しないだろうな?
でも今じゃ年間2万5千円で薬が買えるそうな。割と楽勝。円が強くて良かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

…の筈が、何故か「赤い靴」をやってた。お婆さんの葬式をフけてダンパに行ったカーレンが脚を切り落とされず、代わりに何故か父ちゃんが死んでた…ひでぇ…。何の罪も無い善人の父ちゃん可哀相過ぎ。つかゲルダちんがわざわざ伯爵夫人に必死でチクりに行かなければ、割と丸く収まってた気がしないでもない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

結局一晩中掛かってしまった。ぬぅ。後1カット何か楽な止めのを終えたら本日(というかもう昨日)ノルマ達成なので一旦寝る。
拙作のジャギは我ながら既に意外と実用に使える。720*540で塗った時は*1掛けるとぐっと品位が上がるような。本当は原色の赤と緑が隣り合ったりするとまだ灰色の縁が出たりするが、結局実際のところアニメ絵は色と色の間に黒い線が挟まるので割と問題無し。黒、最強。

*1:普段はタブレットのヨレヨレ線が誤魔化せるので1440*1020で描いて縮小してるけど、時間が迫ると塗るのが楽な低解像度に移行。

このエントリーをはてなブックマークに追加

って描くの難しいよな?振り向きはもう、オーバーラップで処理もOKな私だが、歩きはそうも行かないというか。何故だろうと考えるにやっぱループだからかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • HyperKidのレイヤ読み込みがディレクトリを覚えてくれない、と言うか、インストール後最初に操作した所に固執する。レイヤの保存やドキュメントのオープン等は普通に覚えていてくれるので、多分、レイヤ読み込みのディレクトリのレジストリの名前でも書き出し時に間違えているのではなかろうかと推測している。だからと言って回避できるわけでも無し。すげー面倒。何れ「複数のPSDファイルのレイヤ合体出力連番処理ソフト」を作らねば。
  • HyperKidにて不透明度が100%以外のレイヤを持ったPSDを読むと、ピクセル毎のαデータ自体が薄くなる。ペン入れ(?)はOpenCanvas3+使って、塗りはHyperKid使ってるので珠にこれでミスる。
  • Shadeでアニメ出力の際のCodecにLRC使うと、映像が上下逆に。他は起きないので、これは多分、LRC側で何かのパラメータを決め打ちとかしてるんじゃなかろうか?他の非可逆圧縮なCODEC使うとやっぱ微妙にノイズが入ってマスクに使い難くて困り者。AnimeStudioIIやMediaStudioProだと何ら問題無いんだけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

もう、冥王星セドナと共に惑星からカイパーベルト天体に降格、新惑星を9番目の惑星ということにして女子大生セーラー戦士も交代してはどうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

んーむ…微妙過ぎる…。まぁそもそも私はウォルコットとかノーマッドの居るアニメ版が好きでゲームはやった事無いんだけど。
つかミルフィーユって、妹が居たのか…!!まぁラオウにも妹が居た位だからなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

色々つぎはぎしたり無理して進行表を埋めてるワケだが、何かな〜、段々こー、我ながら姿勢が「エド・ウッド [DVD]」に描かれてるエド・ウッドっぽくなってきたなー。(しょーもないシーンでも)「素ン晴らしい!」、(ショボいセットへの突っ込みに)「客がそんな事気にするものか!」、そしていい加減な流用・つぎはぎ、みたいな。
ちなみにティム・バートンの映画の「エド・ウッド」は面白いが、本物のエド・ウッドの作品自体は本当にただただ退屈で寒いだけなので興味本位でビデオをレンタルすると後悔するので注意だ。TV東京の深夜にやってたら録画して2倍速で見るとか*1

*1:そう言えば最近、TV東京が深夜にC級洋画を余りやらなくなった気がする。一時は凄かったんだけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ