本当にキチガイが暴れ出す危険な季節は、実は初夏ではなかろうか。
 というのも、本日は、植松聖が2016年7月26日に津久井やまゆり園事件を起こしてから3周年。青葉真司が2019年7月18日に京都アニメーション放火事件を起こしてから10日、宅間守が2001年6月8日に附属池田小事件を起こしてから18年だ。
 植松聖は犯行前に第三次世界大戦を防ぐため知的障害者殺害する計画を衆議院議長に直訴緊急措置入院させられた狂人。
 青葉真司は精神疾患で訪問看護を受けていた狂人。
 宅間守は10回以上精神病院に出たり入ったり。心神で不起訴に何度もなっていたお上お墨付きの大狂人。
 人間は、気温が24度を超えると以後、気温の上昇と共にIQが下がるという研究もある。
 木の芽時という言葉が生まれた時期と現代では気候も変わってきていることだし、暴れキチガイに警戒すべきは、実は初夏なのでは。と言っても、深夜寝ていたらキチガイに刺されたり、会社で仕事していたらキチガイがガソリン撒いたり、小学校で勉強していたらキチガイに斬られたり、事前の警戒は常人には困難。どうしたものか。津久井やまゆり園事件を振り返るNHKの番組でも軒並み植松聖の精神障害には触れないで「社会の差別意識が云々」ばっかりだし。

 ちなみに一番新しい青葉真司らしき人物は「思考を盗聴されてパクられた」と言っているんだが、
 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1992362.html
ムショに入ったから原稿が無駄になったのではない。(送っても)最初から原稿を叩き落とし裏切る気だったのだ。俺を潰す気だった
・俺のノートをパックたりハッキングしたり思考盗撮までしてパクる。貴様らだけは絶対に許さん
・刑務所生活は平和だった。俺を裏切り栄華を謳歌する輩がいる世界の方が地獄
・最初にパクられたのは京アニに劇場版けいおんでの「留年」ネタ
・復讐の鬼 個人の俺は京アニに使い捨てられた
・以前 派遣やコンビニバイトしてた 使い捨てには慣れてるが京アニを信用してしまった
・うつ病 パニック障害
・俺は実質ちゅーそつ
実は「思考を盗聴された」と思っている人間は意外に多くて、テクノロジー犯罪被害ネットワークに入会しているだけで2040名集団ストーカー被害者の会も各地に出来ている
本まで出ていて、「統合失調症の治療の妨げになる」と精神障害者保護団体よりクレームがついたというエピソードまで。彼らの被害者意識が何処に向けられるか…それは誰にも分らない。

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌
内山 治樹
講談社出版サービスセンター
売り上げランキング: 443,163