2006年02月

「26日の16:30現在申し込み完了していないようだが、26日の20:00が締め切りなので注意せよ」ってお知らせが帰宅したら届いてた。
今日は24日だよな?
締め切りは26日だよな?
まさか今日の20:00〆って事は無いよな?
と日記に書いても仕方無いんでメールで問い合わせ中。つか最悪あと50分じゃん。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

は、マジカノの本編が終わると同時にチャンネルを切り替えると丁度見られる事が判明。うむ。でもあのクネクネ踊りが面白いのでついついEDまで見てしまう。
踊りと言えばこのRECの猫木の意外に激しい踊りも面白かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年2月16日 プロットage
〜中略〜
2005年12月30日 コミケで第2話DVDを販売

音声有りとは言えセル風着色で25分モノをわずか10ヶ月。すげー、凄過ぎる。私の9倍の速度である。
何か学ぶべき点は無いかと考えるに
・「○月×日 シーン△完成」とあるので、全体とカットの間に「シーン」なる一里塚を設けてられるっぽい。
・紙に描いて5倍ピクセル数でスキャン→フォトショップでバケツ塗り→縮小派の模様。
After Effects使い
・コンテ撮ムービー作ってから作画
みたい。やはりタブレットよりも紙の方が速いのだろうか?しかし5倍かぁ。大き過ぎな気もするが2値化前提じゃその位必要なのかも知れないな*1。いやそれにしてもそれだけ大きいと塗るのが却って大変じゃ…いやいやここで頭で考えても9倍の現実は圧倒的説得力で。いやしかし5倍というと3600*2600!?うーむ。

*1:5って半端な数字だけど

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Cinepak R Codec 1.10.9.6

AVIStreamWriteの先、avifil32.dll→msvfw32.dll→iccvid.dllで例外
tms2avi.exe の 0x01da561f でハンドルされていない例外が発生しました: 0xC0000005: 場所 0x01f21000 を読み込み中にアクセス違反が発生しました。

Intel Indeo(R) VIdeo R3.2 Version 3.24.15.03

成功

Microsoft Video 1

成功

Intel IndeoR video 5.11

成功

LCL-AVIzlib 2.2.3

成功

Microsoft MPEG-4 Video Codec V1

成功

Microsoft MPEG-4 Video Codec V2

成功

Microsoft Windows Media Video 9

成功

DivX(R) 5.2.0

成功

TechSmith Screen Capture Codec v2.0.4

TSCCから警告ダイアログ(レジストしないとエンコードはできない)。
AVIStreamSetFormatに失敗(エラーで正常終了)。

Intel IndeoR Video RAW R1.2

AVIStreamWriteの先、avifil32.dll→msvfw32.dll→Iyvu9_32.dllに対して読み込まれたシンボルが無い。
tms2avi.exe の 0x00381632 でハンドルされていない例外が発生しました: 0xC0000005: 場所 0x00000000 を読み込み中にアクセス違反が発生しました。

      • -

Video For Windowsの先で落ちてるから対処が難しいし、私はLCL-AVIzlib*1が動けばOKなのだけれど一応メモ。
直すとしたらCODECを見分けて指定できないようにするか、VFW*2やめてDierctShowにする時で副作用で直る時とか、かな。つか、そもそも環境の問題かも知れない。スタック壊してる系の潜在バグが有ってたまたまCinepac/IndeoRでだけ当たってるって状態が怖いけど(多分こっちが怪しい…)。
いや、今思ったんだけど、もしかして何らかのハンドラ関数を用意すれば処理できるのかもしれなな。メッセージの文面からして。
一応IPL、MSXMLの別途インストール無用版という事で久々に更新。
やっと現状復帰というか、VC++2005でまともにビルドとデバッグも出来るようになったのでよし。
まぁ何にせよ、今週はサークルカット描かないと。

*1:中身がzlibなので可逆圧縮なのだ。

*2:そういえばWindows XPから消えたとか消えないとか…

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

関連のエラーの原因は分かったがどうしようかね。
1.MSXML4 SDKのヘッダを使う。
2.MSXML6のDLLから毎回生成したヘッダを使う。
MSXML6のSDKは無いみたい。でもMSのサンプルではそれが前提なんだよなー。#include とか言ってるし。やはりどこかにMSXML6 SDKは存在するのか。訳分からん。
SAXしか使わないから素直にMSXML4のSDKのライブラリをスタティックリンクの方が色々よさげだな…。
それにしても今までは何故ビルド成功してたんだろう?とにかく、
1.MSXML4 SDKをインストール
2.SDK/inc/msxml2.hをstdAfx.hでinclude
3.SDK/lib/msxml2.libをスタティックリンク
4.DLLは使わないのでstdAfx.hのimportは外す
で、SAXハンドラ関連はビルド、読み込み共に成功。
が!今度はAVI出力時に落ちる…これは想定外
タイムシートの解析、画像の読み込み、合成まで成功していざ1コマ分のフレームをAVIファイルに出力しようとして失敗してるな。

CFile exception: badPath, File , OS error information = 3.
CFileException::badPath 不正パス
void CFile::Write(const void* lpBuf, UINT nCount)
{
ASSERT_VALID(this);
ASSERT(m_hFile != INVALID_HANDLE_VALUE); <--- m_hFile=0xffffffffだった

ファイルオープン失敗してるのにWriteしようとしてる。何故にファイルオープン失敗してるんだ?
ていうか、エクセプションはキャッチして詳細ログ吐かせて無事終了させろよ>昔の自分
そういえばVC++のエクセプション処理ってどうするんだっけ?たしかc++のtry-catchとMFCのtry-catchマクロがあってややこしかったような気がする。
→いや、さすがに幾らボンクラな昔の私でもファイルアクセス周りではエクセプションキャッチしてた。何故かキャッチ処理の方に行かずにVC++のデバッガがキャッチしてしまう。不思議。
上記の原因は、デバッグ用の途中経過BMPのファイル名に"a.bmp"等、パスが入っていない為。".\\a.bmp"とすることで解決。今まで何故動いていたのかは知らない。
それとは別に相変わらず出力するAVIのCODECをCinePacにするとVFWの中で落ちる。これは昔から。シネパック禁止。
あ、また1つ怪現象発見。同名ファイルがある状態でそのファイル名にrenameしようとすると失敗する。これは始めて遭遇する現象。直前にremoveを入れてみたけどこれもダメ。謎だな。昔は出来たのに。
→原因判明。ディレクトリが書き込み禁止になってた。新規作成はOKだけど削除はNGなのか。これはエラーダイアログ出さないとダメだな。
あと気のせいかZOOMが効いていないような。
…とかそんな事やってたら怪奇大作戦見逃した!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

後は今週中にことり嬢がアイシア嬢にアイアンクローを決めてるサークルカットを描いてアップロードすれば手続き完了と思ったけど、アイアンクローじゃアイシアの顔が見えないのでチョークスリーパーに変更しかけたものの今度はことりの顔が隠れる。こいつら髪の毛多過ぎ。殴るには距離が近いし掌で首を締めるのはちょっと露骨過ぎてアレだし。斜線で画面を二分割して睨み合せるのはスマートだけどそれだと同格の対立になってまたニュアンスが違うし…ふぅ。芸術は難しいぜ。
他の人のをパク、もとい参考にしようと冬コミのカタログを眺める。意外と無い。チョークスリーパーの絵も無いが、D.C.S.S.のサークル自体少ない。人気無いのかね。ぬぅ。
やっぱこみパにすべきか。しかし私の脳内下書きだと詠美虐待モノは陰惨になり過ぎて自分で引くからなー。ていうかこみパも少ないし。
ToHeart2Fateが多いんだけどそんなに面白くなかったんで*1どうもやる気がつかToHeart2って最初の2,3回しか見てないし。
今現在放映してるギャルゲアニメと言うと…Canvas2…?んー微妙〜。「赤信号を見るとぶっ倒れるエリスは交通事故のトラウマ云々じゃなくて実は単なる癲癇で…」って後が思い付かない。
とか言ってると、あ、アカギ始まった。

*1:アニメは。恐らくゲームの方は面白いんだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

タイムシート(XML)が正しく読み込めず。SAXのstartElementが呼ばれていない。多分あっちの別のクラスの方の関数が呼ばれてる予感。ていうか実はそんな事になるんじゃないかと思ってTRACEを入れておいたので確信してる。
おそらく2005がmsxml4.dllから自動生成するmsxml4.tlhで定義されてるクラスだが5.0の生成したそれとは名前だけ同じで実はハンドラへの引数の型が違ってて、C++的には別関数と認識、関数をオーバーライドしてるつもりがされていないと思われる。なんだ、原因判ったじゃん。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最新版は6.0。何か私のWindows2000にインストールできん。うーむ。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=993C0BCF-3BCF-4009-BE21-27E85E1857B1&displaylang=en

VC++ 2005 対応版 SAXサンプル。c:/Program Files/MSXML6.0/の存在が前提だが…。
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/xmlsdk/html/e016a6af-2873-48eb-9e11-e1120eb75954.asp

SAX APPWizard(2004年なのが怪しいけど)
http://support.microsoft.com/kb/q276505/

特定のインターフェイスで定義されるイベントを処理することに場合に interested かもしれませんため、インターフェイスでメソッドをすべて実装するべきではありません。 ただし、( ISAXContentHandler)など SAX インターフェイスで定義されるすべての関数が純粋な仮想関数です。 この問題を解決するために、 AppWizard が SAX インターフェイスを拡張してそしてすべての機能をラップする中間ラッパー クラス(たとえば SAXContentHandlerImpl)を生成します。

何か頼もしげな事言ってるな。試してみるか。
→ダメ。同じ原因で

抽象クラスをインスタンス化できません。

のエラーが出てしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

なんて洒落たものに行って来てしかもそのまま定時直帰。ふっふっふ。
それにしてもXSLTは暗黙の了解というかデフォルト動作が怪奇で難しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

そういえば申し込み今日までじゃん。危ない危ない。詳細やサークルカットは来週まででOKだそうな。それにしても申し込むだけで9500円、落ちてもそのまま2000円飛ぶ、って結構キてますな。ネット申し込みはこれっきりにしようっと。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ