2012年12月

AXNミステリーチャンネルで一挙放送とかで、今日は一日中見てた。
外出しない大義名分があると色々楽ではある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっと送り終えた。結局宛名は手書き。
もうこのプリンタは駄目なので、次はカラーは不要だからトナータイプのを買おう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

というのをWindows 8 Proに入れたらスタートボタンにメニューが付いて真に快適。

これさえあればWindows 8も怖く無い。リモートデスクトップも簡単に起動できる。
スリープやログアウトもちゃんと付いてるのであの意味不明なメトロ画面に戻らずに済む。
もっともこのWindows 8というかノートPCはパッチの適用に失敗する癖に2日に1度は勝手にパッチ適用のために再起動するのは何とかならぬものか。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大昔、全怪獣怪人大百科で読んで名前だけは知ってる怪獣、サンダとガイラの映画。
意外に特撮はショボくなくて迫力があった。ただサンダとガイラの体形が人間っぽくて人間にしか見えぬ。
羽田空港を襲い、谷川岳自衛隊と戦い、珍しくメーサー殺獣光線にやられて琵琶湖に逃げ、市ヶ谷あたりで二大怪獣激突、二匹とも東京湾だか相模湾に沈む、と巨大な割に神出鬼没。
「研究所で作られて失踪した人造生物が野生化した怪獣」の割にはその辺がばっさり略されててこの入り方は中々面白く換骨奪胎できる気がしたのでメモを取りながら見てしまったが途中で飽きた。ただ、自分の不始末でエラい事になってるのに全く責任を感じてない様子で自衛隊の司令官にあれこれ注文付ける(そして特に退治のアイデアを出す訳でも無い)のスチュアート博士と朱美助手は良いキャラしてるな。
ちなみにこの作品世界で「フランケンシュタイン」というのはフンガー、フンガーのアレでも、アレを作った科学者でもなく「人造猿」みたいなモノを表す用語で結構知られているらしい。
つか洋物怪獣映画に比べると日本怪獣映画は色々ユルい気がするな。

【東宝特撮Blu-rayセレクションフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ【東宝特撮Blu-rayセレクションフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

東宝 2010-01-22
売り上げランキング : 4940

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日から休み。
昔は、年末年始の休みやゴールデンウィーク等、大型連休になるとシステムを止めてハードを更改したりOSやミドルのパッチを適用したりアプリの大きなアップデートしたりする客が何件か必ず居て、万一に備えて関連製品部署も順番に出勤したりしてた。大体大型連休はどこか出てた。
幸か不幸か最近は何でも24時間365日運転になり、大型連休に特に止めるとか何かは減ってきたので、明日からは普通に休み。というか私は今年ばかりは仮にあっても絶対出ないけどな。電話が止まろうが旅客機が墜落しようが出ない。…いや、旅客機が墜落と聞いたらさすがに電話対応位はするかもしれん…。
と言いつつ1/1にサービス開始って案件が結構あって近くの所がちょっと出るみたい。何で1/1なんだろう。さすがに元旦からは使わないだろうに。いろいろな人が正月休み無くなって不幸になるスケジュールだと思う。お客さん自身も嫌じゃないのかしら。だれか止める人はいなかったのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

怠けは癖になるからなー
といいつつ、咳も出るし寝る。
まぁ春までは雌伏の時ということで。
しかし癖になるからなー。気をつけないと。やらない位ならダラダラやる方がマシ、の精神で。
あ、そういえば年賀状まだ私の分刷ってない…。それとタブレットが反応しない事に気付いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

実に寒かった…。
寒いと肉が突っ張り苦しいので家に帰っても寝てばかり。
あと気管が細くなってるのか妙に息が詰まる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学の期末か何かの試験で問題が難しくて全然判らないという夢を見た。
しまいには学籍番号も忘れるし。
いやー会社員は試験が無くて助かる。
というかクリスマス関係無いし。

このエントリーをはてなブックマークに追加

何か忘れた頃にたまって送られてきた。
忘れないうちに使わないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

何時もは「優先席付近では携帯電話の電源をお切りに云々」と非科学的な風説の流布に勤めているアナウンスが、今日は「線路に落ちた人を見かけたら非常ボタンを押してください」と言い出してさすが年末は物騒だ。
自決は死刑にも取り入れられている安全確実な首吊りでヨロ>列車ダイバー
つか忘年会の酔っ払い対策か。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ