2013年12月

 久々にサークル参加。日程が31日以外不可だった(実際は28日も休みで大掃除がこの日で済んだので30日でも良かった気がするが結果論である)のでジャンルは男性向け創作。セックスシーンも無い*1のに男性向け創作。実は男性向け創作は初めてだったり。先輩後輩友人その他のサークルは男性向け創作が多かったというか殆どなんだけど、私はアニメや学漫やSFやギャルゲーだったのだ。
 さすが音に聞くコミケットの男性向け創作だけあって島中でも搬入量が凄くて特に真後ろのサークルなど本棚のようであった。サークル入場した買い物客の人間ブロックが移動する時もスタッフの怒号が飛び交う弩迫力。先輩のサークルに挨拶に行く途中でこれの移動に引っかかり3分位足止めされた。
 スペースは東123のキ21bで、シャッターが開くと結構寒風が吹きこんでくる場所だったが先日イトーヨーカドーで買ったタートルネックとひざ掛けに持って行った羽毛ジャンパー*2のお蔭で左程寒く無かった。ただし歩き回ると暑くて汗をかく。この辺は難しい所だがまぁ寒い時間の方が長いので良しとする。
 初めてと言えば今回は初の印刷所から直接搬入を行った。私は長年コピー製本の道を究めるべく50部だろうが70部だろうが*3コピー本ばかり出していたんだが今年は病で体力落ちてるので無理をせず、昔のコピー本で既に売り切れたけどまだ売れそうだった感じの2つの再販は印刷所にお願い、しかも会場に直接搬入。朝、スペースに着くと既に机の下に段ボールが置いてある。実に楽である。前日も普通に買い物に行ってディナーも食える。まぁ新刊*4だけはちゃんと(?)コピー製本して持って行ったが。
 んで、さすが音に聞くコミケットの男性向け創作だけあって島中でも人通りが多く良く売れた。100円玉が溜まりバザゴザのバナナ型小銭入れがブラックジャック状態で、いざという時にはこれで戦える。出してる本の内容は大して変わらないのにアニメや学漫やSFやギャルゲーとは大違いである。全種1冊づつとか男らしい買い方をする方が多いのもさすが男性向け創作。中身を見ずに1冊ずつとか男の中の男も居たりしてギャルゲーとは近いようでやっぱ男の格が違う。お蔭で100冊位がすぐ完売して売るモノが無くなってしまった。午後に来た人すいません。男性向け創作の男っぷりを舐めてました。だがそれはそれとして印刷所から会場に直接搬入してそのまま完売すると運搬が大変楽である。地産地消。これを究めれば手ぶら入退場が可能ではなかろうか?POPと財布が要るか。だが家の中に在庫を置かなくて済むのは大変有難い。コミティアには出せないので数年抱えていたD.C.本の在庫が売り切れたのも良かった。家に置かれた自作同人誌(しかもちょっとエッチ)の束は言わば不発弾であり最も危険な罠。巧まずして仕掛けられた引出しの闇に眠る殺し屋。それは突然に目を覚まし、偽りの平穏を打ち破る。本当は最初から複数回のイベントで売る事を想定した数を刷るのが原価が下がるわ売り切れは無くなるわでWin-Winなんだが、宅内の在庫は最も危険な罠、それは不発弾。巧まずして(略)。
 そして、さすが音に聞くコミケットの男性向け創作だけあってここは野望と陰謀渦巻く戦場。食う者と食われる者、そのおこぼれを狙う者。牙を持たぬ者は生きてゆかれぬ暴力の街。隣のサークルが謎の男から怪文書を渡されて怖がりつつも盛り上がっていた。怪文書って本当にあるのか。恐るべし男性向け創作。だが私はバザールでござーるのバナナ型小銭入れに硬貨を詰めたブラックジャック武装している。来るなら来てみろ魔の獣人。こいつをまともに食らって生きていられた奴はまだ一人も居ないのだ。まともに食らった奴がまだ1人も居ないからな。
 尚、昨日、東京行って足が痛くなったのはまだ完全には回復していなかったらしく、昼は元気だったが帰ってから、年越し蕎麦食いに蕎麦屋へ行ったあたりでまた痛くなった。
 とりあえず、執筆時期と製本時期とコミケット近辺の日を分散すれば暮れでもコミケット参加は可能であることが分かったのでよし。ただ今回は病み上がりというか「年末には参加できる位元気になっていますように!」という祈願的呪術的申込みが当たった縁起物だったのでOKだったが来年以降平常運転の日常になると、果たして大晦日に朝から晩まで一人外を遊び歩いてOKかどうかは甚だ微妙な所ではある。

*1:水着とおっぱいはある。

*2:畳むとすごく小さくなるやつ

*3:70が限界…。

*4:以前コミティアで出したものだけどコミケットには初

このエントリーをはてなブックマークに追加

 んでついでに晩御飯。
 流石大都会東京の中の東京、その名も東京駅近辺だけあって高い。スーツは(セール中は)安いけどレストランは高い。
しかし幾らコミケットシーズンだからって、山手線までマクロスFのラッピングだらけなのは何だかな。
 それにしてもさすが冬だけあって夜は寒いね。
 あと歩き回ったら右足が痛みだし最後、最寄り駅から自宅までが辛かった。この症状は昔、富士山に朝上り始めて頂上は霧で何も見えず下山してそろそろ夕闇迫る頃に須走口下山道の深い砂利坂を延々下ってた時になったやつの軽い奴だ。まぁ休めば治るんだけど明日はちょっと所用で朝から外出せねばならぬ。9時までに来いとか会社かよ。
 年賀状、絵入りのを買ってきた。こんな便利なのがあったとは。さすが大都会東京。宛先も書いてあるのが売ってないかしら。
 年賀状は毎年億劫でなー。3年位前、遂にパソコンで印刷をはじめ、これで済むと思ったらプリンタが再び壊れてそれっきりだ。パソコンで写真年賀状出したの1回だけ。BJ-S630め!ヘッダを交換してもすぐインクが詰まりやがる。んで私の分はまだ全然書いてない。書くのは正月になりそう。というかなる。私が年賀状出しそうな各位殿誠にすいません。
 ちなみにスーツはさすがイージーオーダだけあって手の長さも足の長さもぴったりである。スーツはこうでなくてはいかん。タートルネックシャツは手が短くても許すがスーツはダメだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

本当は今日は先日仕立てたスーツを取りに行く予定だったんだけど頭痛で寝てた。
風邪というよりは湯あたりっぽい感じの頭痛。昨日、寒かったので2回風呂に入ったのがまずかったか。いやしかし昨日だろ?逆に寝過ぎの頭痛かもしれぬ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日「コミケ行くんで有給取ります→クビ」な人が居たがどうしている事だろう…。有給に理由は不要なんだから適当に法事とか老父母の還暦お祝いで親戚一同で旅行とかなんとか言っておけば良いものを…。つか何故28日に休みたかったのか…。設営でもするつもりだったのか。設営>雇用なのか。
はてブでは「有給に理由はイラン、訴えろ!以上」な見解が有力だが、解雇と退職勧告は違うからなー。退職勧告は言うだけだからもっと会社本位の理由「雇う金が無い」でも良いんだよね。言うだけだから。拒否も出来る。退職勧告⇒拒否⇒倉庫番とかたまにニュースになってますな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

で疲れた。
ちなみに私の分の年賀状はまだ一切手を付けていない…。御正月にでも書こう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

でビール飲んだら、お腹が冷えたのか未だに下る。しばらく横になり可能ならそのまま先に寝てしまおう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひかりTVで無料視聴が今年中なのでとりあえず1話位は見ておくか、と見たり。
1.陸上自衛隊っぽい"地球平和守備隊"が山中で特訓してる所へ突然宇宙怪人軍団が襲ってくる。
2.主人公たち5人を残して全滅。怪人軍団に取り囲まれてもうダメだ!
3.突然稲妻が轟き地割れが起きて中からなんか色の付いた蒸気がぶわー!と吹き出し浴びた5人がぐぇええええええ!と苦しむ。
4.いつの間にか付けてた変身ブレスレッドが光りなぜか変身ポーズ、チェンジマンに変身!
5.ヘリで様子を見ていた隊長「おお!やっぱりアースフォースはあったのだ!」(さっきの蒸気がアースフォースなるモノらしい。ここで初出)
ここまで10分。なんとも大雑把。戦隊ものはOP,ED含めて1本正味20分だから話の展開が荒々しくなりがちだが、それにしてもざっくりした変身だ…。
ちなみにチェンジマンはアースフォースなる未知の不思議な力で変身するけど、とどめの必殺武器、パワーバズーカや、身長50mのチェンジロボはチェンジマン誕生以前から地球守備隊の電撃戦隊が普通に地球の科学力で作ってたものなのね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっき帰った。寒かった…。
なんでも本場メリケンでは政教分離だかで「メリークリスマス!」ではなく「ハッピーホリデー!」と言うのが政治的に正しいんだそうですな。
イギリスでウザがられて居場所が無くなったカルト教団が理想郷建立しようと海を渡って築いた国で今でも大統領が聖書に誓いを立てる宗教国家だというのに…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

だが、明日と明後日が定時間日で明々後日が納会で年末年始の連休に突入なので今日は遅くまで残業。
帰りつくと東京レイヴンズが温泉回の時間だが見れずにとりあえずケーキだけ食った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

光TVでスタートレック映画を延々やってたので家に居る間は延々流してた(英語なので左程見てない)が、基本的に新しい程面白いですな。という訳で現在の所2009年版最強説。あとピカード艦長は意外に結構暴れ者で肉弾戦多し。艦長自ら敵の宇宙船の船内に電送で乗り移り光線銃で撃ち合う事が非常に多い、というか、毎回必ず行うが、私が艦長なら爆弾か毒ガスを転送するね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ