2021年02月

これもついでに図書館で借りて来た本。私が持っているのはShade 12だが11でもまぁ似たようなものだ。機能が網羅的に紹介されている。6の頃はこういうマニュアルが添付されていたんだけど12の頃はなくてな。
モデリングは全くやる気が無いというかShadeの目的は「森」シリーズを背景に使うため、ただそれだけだけれども、適当に使っているだけでは分からないトゥーンレンダリングのオプションとかあって勉強になった。そうか、一時はVueやPoserと連携できたんだね。
でもShade 6のスキャンラインレンダリングが余計な事をしてくれなくて加工し易くて速くて最強だったけどな…。いやUIは12の方が使い易いけど。
アマゾンにこのシリーズのShade 12のガイドブックが36円で売ってたので買おうかしら。

Shade 11ガイドブック
shadewriters
ビー・エヌ・エヌ新社
2009-12-09





Shade 12 ガイドブック
shadewriters
ビー・エヌ・エヌ新社
2010-12-09


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

998円。隣に売っているそっくりなのが4800円。これは998円…何かパチモンっぽい気がしないでもないが、まぁいいわ。
クッションのウレタンがへたれた椅子に置いて使う訳だが、表面のファーがジャージで座ると滑るので裏返して滑り止めを上にした方が良い感じ。
効果のほどはしばらくしないと分からない。駄目でも998円だし。それにしても8万円くらいの椅子が欲しい…。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

未だに自分でzlibをビルドして、libpngをまた自分でビルドしなければならぬ…。
たしかmakefileをどこか弄らないといけないんだが、以前書いた記事はniftyと共に消えてしまった。
http://homepage1.nifty.com/nekora/soft/howto/libpng.html

ま、まぁ…他に誰かが書いているだろう。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA016379/cpplib/zlib.htm
http://hp.vector.co.jp/authors/VA016379/cpplib/libpng.htm

↑どうもやっぱり上の記事は古い。

C:\Users\hogehoge\source\repos\libpng の下に、ダウンロードしたlibpngソースのzipを展開して、
C:\Users\hogehoge\source\repos\libpng\projects\visualc71 の下のlibpng.slnをVisualStudio Community 2019で開いてリビルドすると、libpng.libなりlibpng.dllができる(zipも含まれているので予め別途作る必要はない)。
あ、使う時はzip.lib、zlib.h, zconf.hも必要なんだけど、ヘッダは別途zlibをダウンロードしないと駄目。何でビルドできたんだろう…。

というか、私自身、http://nekora.main.jp/soft/tms2avi/ ではGDI+に移行したんだっけ。色々忘れているなぁ…。そしてこちらはソースがHDDの藻屑と消えている。

かんたん Visual C++[改訂2版]
堀 義博
技術評論社
2017-11-17

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私はロジックを作る前にまず関数の最初と最後に「はじまた」とか「おわた」とか何とかログを出さないとやる気が出ないのでVC++用のlog4j的なものを探した。まぁ今時#ifdef DEBUG printf(..でもないだろう。
log4cppという実にそれっぽい名前のものがあるにはあったが使うには自分でコンパイルする必要がありコンパイル失敗。そういえばSourceForge時代のOSS民は何故かDLLであろうともビルド済みバイナリを置かない習慣だった。その点Javaの人はOSSと言いつつもjarはしっかりMavenとかに置く風習があって有難い。log4cppにはVC++5,6,7用のslnも付いているというのにそれでビルドできぬとは解せないがまぁここに時間をかけても仕方ないので諦める。昔のOSS民はMicrosoftを何となく敵視していたのでこういう所は不親切で、結構makeなりヘッダなりを自分で手を入れないと駄目な事がママある。
他を探すとspddoc https://github.com/gabime/spdlog というのがあった。githubだし比較的最近のだろう。こっちはzipを展開してできるincludeをプロジェクトのインクルードディレクトリに加えればOK。素晴らしい。
0212

あとは上記のページのサンプル通り。
サンプルが何も考えずともまず動くのは重要だ。コンパイルが通らないなど言語道断。

スラスラわかるC++ 第2版
矢沢 久雄
翔泳社
2018-07-17



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マジか?マジで?マジだ!!Community 2019という。昔のExpressのようにショボい奴ではなく立派に使える奴。
4.2、5.0、6を飛ばして2005と、結構金を払ったというのに…。
このCommunity 2019の2005より良い所の一つは、コマンドラインなプログラムをテスト実行した後、DOS窓が開いたままになる所だな。2005だとHello Woldとか一瞬黒いウィンドウが開いて瞬時に消えるので何が何やら。

VisualC++2019パーフェクトマスター (Perfect Master)
俊哉, 金城
秀和システム
2019-11-21



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

訳あって今更10数年ぶりにVC++を使う必要に迫られた。
だがしかし。
VC++本は引っ越しの時にまとめ古本屋送り、既にVisualStudioの使い方も忘れ切っている始末。どうしよう。
という訳で無ければ借りてくれば良いのだと図書館で借りてきた。
なんと猫でもわかるという。ネコの40倍、1.3kgもの大きさの脳を持つヒトである私なら楽勝だろう。
ちゃんとWin32API主体の正統派だ。知りたかったDLLのロードの仕方も書いてある。最近はVC++本と見せかけて中身は.NETだったりで油断がならないが、.NETならC#とかBASICとかもうちょっとこう、楽そうなのがあるのではなかろうか。
それにしてもVC++でWindowsプログラミングをこなすとは最近の猫は賢いな。おそらく都市化によるフリン効果だろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

牛さん星人とか(やる事も牛っぽい)蜘蛛さん星人とか(やる事も蜘蛛っぽい)、マクガイバーも大好きダクトテープの活躍とか、何かこう…ユーモラスな方に振ってきたな…。
未知の宇宙人であろうとも人類とは大体互角の戦力とか、巻末で著者も言っているけどスタートレックっぽい。戦法も割と阿呆なのは相変わらず。今までシンディックの戦法が双方猪突猛進!!猪突猛進!!の阿呆(そこで名提督ギアリー大佐の軍略が光る)なのは、主人公ギアリーが凍って宇宙を100年漂っている間に、双方の勢力共に疲弊し、軍人も大体初陣で死んでしまうからだんだん素人若人ばかりになって…といった説明があったが、宇宙人も割と阿呆。
まぁ銀英伝なんかも「敵兵力を分断して各個撃破…なんて凄い作戦なんだ!」「敵の補給路を断つとはまさに天才的軍略家!」とかやってたし、というか、それ以上難しい事を言われても私には凄いんだかなんだかわからんしな。
いやしかし牛っぽい姿の宇宙人相手に闘牛にヒントを得て作戦を閃くギアリー…いやギアリー自身も自分で少々そこはかとなく突っ込みを入れているのでギリギリ、ギリギリOKだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年は特に面倒くさかったが、一応できた。
医療費はどうせ10万いかないだろうから集計省略だ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

これの続き
何かイマイチ理解しないまま、
magick ( -page +0+0 -label "eye" "0009.0001.png"[0] -background none -mosaic -set colorspace RGB ) ( -page +0+0 -label "body" "0000.0073.png"[0] -background none -mosaic -set colorspace RGB ) ( -clone 0--1 -background none -mosaic ) -reverse -define psd:alpha-unblend=off -define psd:preserve-opacity-mask=true "out2.psd"
で、作ったPSDファイル。
これなんだけど、ノートPCの方のSketchBookではいい感じに意図通りに読めるから「できた!」と思った。…んだが、母艦に移してPaintGraphic2やMedibangPaintで読み込むと全然ダメだ。
Photoshopで読めないならともかく、PaintGraphic2やMedibangPaintではImageMagickに文句を言う訳にも行くまい。
JMagickも何か十数年もメンテされていないようだし、やはり週末にIntel Performance Library 2.5のCDを何とか探し出して自作するしかないか。しかしVC++は完全に忘れてるんだよな…。結構持ってた書籍も引っ越しの時に古本屋に出してしまった。2006年以降使わなかったからまさかその後に使うとは思わないじゃん。

でもVC++よりはまだImageMagickの方に頼りたい…。
ImageMagick逆引きコマンドリファレンス
石井 敦
インプレス
2008-11-28



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昔の私なら大したこと無い工数だが、VC++を忘れて久しい私としては、週末に昔のCD-ROM群を漁ってから判断しても遅くないだろう。もしかすると見つかるかもしれないし。
平日は22時まで労働なのでちょっと無理。ボーダーブレイクもシーズン末期だからランクマッチやらねばならぬし。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ