結局、またカレー食って買ってしまった…。
キャラがいっぱい描いてあり、知った顔もあり知らない顔もあり、こいつとこいつは何を話してるのだろう等々想像を掻き立てる辺り初代ブリューゲル作品に通じるものがあるのではないかと思うのだが、それはともかく、壁に飾ると割と色が薄い。余白が大きい構図なのも相まって白い。もうちょっと色が濃くても良いような気もするが、濃いとごちゃごちゃするような気もするのでこれで良いのかもしれない。