前半が富士山下山編。どうも何巻か飛ばしたらしく、登った所を読んでいないような。
だが!確かこの砂走りは私も行った事のある所…!楽だったけど、降りた辺りで脚が攣って、その後の林道で暗くなっちゃっていやーあの時は結構ピンチだった。
あとは主にかえでさんと登山部の部長がコンビで、数十メートルの垂直の岩壁を鎖を頼りに這いあがる事3、4回、疲れたり、濡れたコケでちょっと足を滑られせたら墜落して死ぬ、死の山、石鎚山に登る編。
何が凄いって、この漫画、作者が実際にその山に登って取材して撮影した写真を背景にして描いているという…。1巻の頃は高尾山とか天覧山とか私でも子供の頃に行った平地だったけど今や岩壁登り。今、最も命懸けで描かれている漫画ではなかろうか。
ヤマノススメ 17 (17) (アース・スターコミックス)
しろ
アース・スターエンターテイメント
2019-03-12