大体、元のHTMLの変化に追従するような処理はParseDetailXmlクラスにまとめてあるので改造は楽…な筈なんだが、まとめてあるクラスを忘れてしまうので見つけ出すのに手間がかかるのでここに記す。