iPadのフレームバイフレームアニメ作成アプリ「RoughAnimator」
うむ、操作が分り易い。アニメものは独特過ぎて多分使いこなせば速いのだろうけど理解するまでのハードルが高いソフトが多いが、これは30分で完全に理解したわー。
オニオンスキンできるのも前後1枚とかショボい話ではなく数枚透かせられるのもいい。
出力はH.264コーデックの.movか、アニメGIFか、連番PNG。必要最小限だが充分。体系的ではないが良く使う機能は大きなボタンにしてあったり、どれがどの動作か忘れがちなフレーム数変更の際のモードのメニューが動画になっているあたり、これはドッグフーディングが行き届いているな。
またiPadとAppleペンシルは視差が少ないのも実に良い。
一つ言うならこれで「左右反転表示」があればさぞや便利だろう。いや、探せばあるのかもしれない…。
左右に白い帯が入っているのは背景を小さくしてしまった私のミス。

古のPC-8801ゲームの起動画面なんだが、クリスちゃん、起動画面でだけは上着を着ていないのは、きっと当初は裸で描いたが出荷直前に「やっぱ服を着せておくか…」と首から下を赤で塗って済ませたからではなかろうか。