私はロジックを作る前にまず関数の最初と最後に「はじまた」とか「おわた」とか何とかログを出さないとやる気が出ないのでVC++用のlog4j的なものを探した。まぁ今時#ifdef DEBUG printf(..でもないだろう。
log4cppという実にそれっぽい名前のものがあるにはあったが使うには自分でコンパイルする必要がありコンパイル失敗。そういえばSourceForge時代のOSS民は何故かDLLであろうともビルド済みバイナリを置かない習慣だった。その点Javaの人はOSSと言いつつもjarはしっかりMavenとかに置く風習があって有難い。log4cppにはVC++5,6,7用のslnも付いているというのにそれでビルドできぬとは解せないがまぁここに時間をかけても仕方ないので諦める。昔のOSS民はMicrosoftを何となく敵視していたのでこういう所は不親切で、結構makeなりヘッダなりを自分で手を入れないと駄目な事がママある。
他を探すとspddoc https://github.com/gabime/spdlog というのがあった。githubだし比較的最近のだろう。こっちはzipを展開してできるincludeをプロジェクトのインクルードディレクトリに加えればOK。素晴らしい。
0212

あとは上記のページのサンプル通り。
サンプルが何も考えずともまず動くのは重要だ。コンパイルが通らないなど言語道断。

スラスラわかるC++ 第2版
矢沢 久雄
翔泳社
2018-07-17