アルファ福笑いもごらんのとおり
http://nekora.main.jp/tmp/out0227.psd

まぁ今回はRoughAnimatorのデータを処理するためのものだからレイヤ名をファイルのあるディレクトリ名にするとか、日本語対応テストとか、PNGのサイズが不ぞろいの時の処理とかまだ色々必要だけれど、とりあえず大筋はできた。
画素が32bitだと行末のパディングが無いからいいよね。
それにしてもC++には苦戦させられた。他人のならまだしも10年前とは言え自分が書いたプログラムの改造なのに。やはり文法は似ていてもJavaとは似て非なるものよ…。